アメリカ駐在の求人転職に強いエージェントおすすめはドコ?

アメリカでの自分の人材価値を知る必要性

self-worth.jpg
アメリカでこれから生活をしていく上で、就職を考えている方は、自分がどのような企業で職につけるか正確に見極めなければいけません。一般的に、大手であろうと中小であろうと現地の方を雇うのは日本と同じです。

労働力として、現地に優秀な人材がいるのにも関わらず、ビザの問題や母国語の違いによるコミュニケーション能力へのリスクをしてまで、海外の方を雇う企業は、いくらグローバルな企業が増えてきているとはいえそれほど多くはありません。そこで、アメリカで就職するためには、自分の人材価値を把握する必要があります。

日本人である自分の人材価値で一番わかりやすいのが日本語です。アメリカにいても日本語が活用できる仕事はいくらでもあります。日系の会社であれば、日本語が必要な場面は多聞にあるはずですし、現地のアメリカ人を雇うよりも効率が良いのは間違いありません。日本語以外で日本人が仕事に活用できるとすれば、日本での経験を活かす仕事です。

グローバルな時代と言う事で、海外にいても日本を紹介するような機会を多く持つ会社であったり、日本への渡航を業務としている旅行会社などでは、日本にいた時の経験は確実に役に立ちますし、現地のアメリカ人には難しい業務です。日本人がアメリカで就職をすることは簡単な事ではありません。しかし人材価値や企業のニーズ、習得できるビザを精査して就職活動をすれば決して難しすぎる事ではありません。自分の事と現地の事を理解して臨みましょう。